3D酔いの予防をしよう



テレビゲームをしていて、3D酔いをしたことがある人は、結構いるのではないでしょうか。

3D酔いは「する人」と「しない人」がいます。

しない人はどんなゲームをしても3D酔いしませんし、する人は些細なことでも3D酔いしてしまいます。

では、3D酔いをしないためにはどうすればいいのでしょうか。

まずは画面から離れてゲームをプレイしてみて下さい。

3D酔いをする人は、画面に近づきすぎている傾向があるようです。

画面に近づきすぎると酔いやすいと言われているので、少し見づらいと感じても、画面から離れてみましょう。

基準としてはテレビの枠まで視界に入るぐらいがちょうどいいですね。

こうして少し離れてプレイすることによって、酔いにくくなります。

また、3D酔いには「慣れ」があります。

最初は酔ってしまうかもしれませんが、休憩を挟みつつプレイしていくにつれ、ゲームのカメラアングルや動きに慣れてくるのです。

ゲームのカメラアングルや動きに慣れれば、3D酔いもしなくなります。

慣れるまでは大変かと思いますが、3D酔いは眠ると回復しますので、就寝前などに少しずつプレイしていきましょう。

慣れてしまえば酔うことはありませんので、好きだなだけゲームをプレイ出来ます。

お役立ちHP 携帯 歌詞画歌詞画 待ち受けエヴァンゲリオン きせかえパチスロ きせかえモバイル検索エンジン

他のページ
スポーツゲームの種類ファミコンの難易度MMORPGを遊ぶ場合に注意したい点ゲーム機「wii」の不満の声とはブログを華やかにするのならふみコミュニティはゲームの話題

TOP